シゲキックス(ダンス)は彼女いる?年収と兄弟や名前の由来は何?

シゲキックス(ダンス)は彼女いる?年収と兄弟や名前の由来は何?

シゲキックス(ダンス)は、ダンス界でその名を馳せるアーティストですが、彼の私生活には多くの謎があります。特に、彼に彼女がいるのか、そして彼の年収や家族構成、名前の由来などについては、多くの人が興味を持っています。

そこで、この記事では、「シゲキックス(ダンス)は彼女がいるのか?年収と兄弟や名前の由来は何か?」について詳しく掘り下げていきます。

スポンサードリンク

タップできる目次

シゲキックス(ダンス)は彼女いる?

シゲキックス選手についてのお話は、多くの方々が関心を持っていますね。特に、彼の私生活や恋愛に関する部分は注目の的です。シゲキックス選手とは、半井重幸選手のことで、ブレイキングダンスの分野で非常に高い評価を受けているアスリートです。

そんな、シゲキックス選手は、2021年にあるバラエティ番組に出演した際、「彼女はいない」と公言しました。これは、彼がダンスに対して持つ情熱や、忙しい日々のスケジュールが恋愛にまで手を伸ばす余裕を与えていないことを示唆しています。ブレイキングという競技は、高度な技術と継続的な練習を要求されるため、シゲキックス選手のようなトップレベルのアスリートにとっては、これが生活の大部分を占めていると言っても過言ではありません。

シゲキックス選手の外見やダンスへの熱意は、多くの人々を魅了しています。彼のパフォーマンスは国内外で高く評価され、熱心さや物事に対する真摯な姿勢が感じられます。このような姿勢は、特に同年代の女性たちにとって魅力的に映ることでしょう。彼が恋愛よりも夢を追求する姿勢を示すことで、彼に共感する人々も多いはずです。

しかし、シゲキックス選手自身の恋愛観については、公にはあまり語られていません。過去に彼が述べた「理解ある人がいい」というコメントからは、彼の生活やブレイキングへの姿勢を支え、理解してくれるパートナーを望んでいることが伺えます。このようなコメントは、シゲキックス選手が恋愛に対しても、相手との深い理解やサポートを重視していることを示しています。

最終的に、シゲキックス選手にとって恋愛は人生の一部であるものの、彼のキャリアや夢、特にブレイキングという分野での成功が優先される領域にあります。そのため、彼の人生観や恋愛観は、共感や支援を基礎としたものである可能性が高いです。ブレイキングでの活躍を通じて、シゲキックス選手は彼の人生を理解し、尊重してくれる人との関係を大切にすることでしょう。

シゲキックス(ダンス)の年収はいくら?

シゲキックス選手の年収に関する正確な情報は公開されていないため、具体的な金額をお伝えすることは難しいです。

しかし、シゲキックス選手が世界トップクラスのブレイキングダンサーであることを考えると、彼の収入は様々な源泉から得ていることが想像できます。

例えば、世界大会での賞金です。トップレベルの大会では、優勝賞金が3000万円にも上ることがあります。シゲキックス選手がこのような大会で常に優勝を果たしているとすれば、大会からの賞金だけでかなりの収入があると考えられます。

さらに、シゲキックス選手は複数の企業とスポンサー契約やコラボレーションを行っています。2023年にはメルセデス・ベンツ日本からのスポンサーシップが決まったことがインスタグラムで報告されています。

メルセデス・ベンツのような大手企業との契約は、非常に高額なスポンサー料が伴うことが一般的です。これは、シゲキックス選手の収入に大きく貢献している可能性があります。

他にも、カシオ計算機、コーセー、NIKE、G-SHOCK、UHA味覚糖、チャンピオン、Red Bull、Xperiaといった様々なブランドとのコラボレーションがあります。これらの企業との取り組みは、彼の収入源として重要な役割を果たしていると考えられます。

しかし、これらのスポンサーやコラボレーションからシゲキックス選手がどれくらいの収入を得ているのかは、具体的な金額は公開されていません。彼の収入は、大会での賞金、スポンサー契約、コラボレーションなど、複数の源泉から成り立っていることが推測されます。

総合すると、シゲキックス選手の年収は、彼のブレイキングへの献身、世界レベルでの成功、そして多くの企業との強固な関係に支えられていると言えます。彼の才能と努力が、高い収入を可能にしているのです。

シゲキックス(ダンス)に兄弟はいる?

シゲキックス選手には、姉が一人います。

彼のお姉さんは、「B-Girl Ayane」こと半井彩弥さんとして知られています。彼女もまた、ブレイキングの分野で活躍するダンサーで、シゲキックス選手に大きな影響を与えてきました。

半井彩弥さんは1997年11月26日生まれで、大阪府大阪狭山市の出身です。身長は153㎝となっています。彼女は、シゲキックス選手よりも5歳年上で、ブレイキングを先に始めた人物です。元々はトランポリンクラブに所属していた彩弥さんですが、そこでB-Girlの先輩たちのバトルを見てブレイキングに魅了され、10歳から本格的にダンスを始めました。

B-Girl Ayaneさんの実力は非常に高く、数々の大会で優秀な成績を収めています。たとえば、2018年には「ザ・バトル・オブ・ザ・イヤー」のB-Girl決勝で優勝を果たしています。その他、2022年には第3回全日本選手権で4位、世界選手権で6位、ジャパンオープンで4位という成績を残し、2023年の第4回全日本選手権では3位に輝きました。これらの成績から、彼女が日本を代表するB-Girlの一人であることがわかります。

職業に関しては、B-Girl Ayaneさんはアントレックスという会社に勤務しています。この会社はキッチン用品や家電、インテリア、ファッションなど様々な雑貨を扱う企業で、SDGsへの取り組みにも積極的です。会社員としての仕事をこなしながらも、彼女はダンスにも熱心に取り組んでいます。アントレックスのX(ソーシャルメディア)には、彩弥さんが仕事に対する情熱を持っていることが伝わる投稿がたびたび見られます。また、会社からも彼女のダンス活動が支援されている様子がうかがえます。

シゲキックス選手とB-Girl Ayaneさんの関係は、非常に深いものがあります。Ayaneさんの影響を受けてシゲキックス選手は7歳からブレイキングを始め、二人は幼い頃から一緒に練習をしてきました。Red Bullによると、シゲキックス選手はAyaneさんを支え、アドバイスを与えることが多く、逆にAyaneさんもシゲキックス選手のブレイキングを強化するために同様のサポートをしています。

お互いに新しいアイテムやラウンドについて意見を交換し、一緒に練習ができない時には、新しいアイテムのビデオを送ってお互いを鼓舞し合っているそうです。現在、二人は関東に住んでおり、時々一緒にランチを楽しむこともあるとのことです。

このように、シゲキックス選手とB-Girl Ayaneさんは、お互いに影響を与え合い、支え合う素晴らしい関係を築いています。ブレイキングという共通の情熱を持つことで、彼らの絆はより一層強まっていると言えるでしょう。

シゲキックス(ダンス)の名前の由来は何?

シゲキックス選手の名前「Shigekix」は、一聴するとお菓子のグミを思い浮かべるかもしれません。実際、この名前の由来は、お菓子の名前と関連があります。シゲキックス選手の本名は「シゲユキ」という名前で、この音の響きがきっかけで、彼を世話してくれた先輩が少し冗談めかして「シゲキックス」と名付けたのです。

このユニークな名前は、その後もシゲキックス選手の活躍とともに広く知られるようになりました。特にYouTubeなどのメディアで名前が出始めたとき、シゲキックス選手はまだ小学生でした。名前の使用については、親が味覚糖にメールを送り、許可を取るという形をとりました。当時の味覚糖は、彼の若さと情熱に感銘を受け、「頑張ってください」という激励の言葉と共に、名前の使用を許可したそうです。

シゲキックス選手が世界一のブレイキングダンサーとなり、その事実を味覚糖に伝えたとき、同社は大変驚いたと言われています。その後、味覚糖はシゲキックス選手とのCM出演を提案しました。このような経緯を経て、シゲキックスという名前は彼のトレードマークとなり、彼の活躍と共に広く認知されるようになりました。

名前の由来は、もともとは少しの冗談から始まったものですが、今ではシゲキックス選手のアイデンティティの一部となっています。名付けた先輩も、彼がこの名前で世界的な成功を収めるとは思っていなかっただろうとシゲキックス選手は述べています。この話からは、彼の周囲の人々との強い絆や、彼自身の才能と努力が伝わってきます。そして、そのすべてがシゲキックス選手を今日の成功へと導いた重要な要素であることがわかります。

シゲキックス(ダンス)のプロフィールまとめ!

愛称Shigekix
生年月日2002年3月11日
出身地大阪府大阪狭山市
身長166 cm
体重56 kg
主な成績ユースオリンピック銅メダリスト
Red Bull BC One歴代最年少優勝

シゲキックス選手、本名は半井重幸さんで、2002年3月11日生まれの日本のブレイクダンスダンサーです。2018年にブエノスアイレスで開催されたユースオリンピックで銅メダルを獲得し、さらにブレイクダンスの世界的大会「Red Bull BC One」では歴代最年少優勝者となるほどの輝かしい経歴を持っています。

大阪府大阪狭山市出身のシゲキックス選手は、7歳の時に姉の影響でダンスを始めました。その後、2014年には世界選手権「Chelles Battle Pro」のU12部門で優勝するなど、早くからその才能を示していました。

2015年には、オランダの「The Notorious IBE 2015」や台湾の「New Taipei Bboycity」で優勝し、その後も多くの世界大会でキッズソロ部門を制覇しました。キッズ部門だけでなく、一般のソロ部門でも快進撃を見せ、フランスや中国で開催された大会でも優勝を果たしています。

2017年には中学卒業と同時にカシオ計算機株式会社とスポンサー契約を結び、「TEAM G-SHOCK」のメンバーとなりました。その年の9月には「Red Bull BC One world final」に出場し、最年少での出場記録を残しました。

2018年にはユース五輪の日本代表権を獲得し、銅メダルを獲得しました。その後、ダンス練習に加えて全身の筋肉トレーニングにも励むなど、さらにトレーニングを強化していきました。

2019年にはRed Bullと契約を結び、「Red bull BC One all stars」のメンバーになりました。2020年には日本一のブレイカーとなり、Red Bull BC One world finalでも優勝しました。

シゲキックス選手のプレースタイルについても触れておくと、彼はフリーズを得意としており、音楽との調和を重視したダンスを得意としています。特に、彼のフリーズは音楽が一時的に静止するタイミングに合わせたもので、観客に強い印象を与えます。高速で精度の高いパワームーブも特徴で、日本のブレイクダンスシーンを牽引する存在と言えるでしょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA

タップできる目次